スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MT-09 TRACER カスタム:その11 GIVI エンジンガード TN2122 後編


前編の続きとなります。
前回では元々取り付けていたエンジンスライダーを取り外し、車体右側のエンジンガードを取付ました。

TRA_TN2122_SET_11.jpg


後編は車体左側の取り付け工程になります。


▼右側のエンジンマウントボルトを外す

写真はありませんが、車体左側も右側と同様にSW-Motechのエンジンガードを取り外します。
続いて車体左側のステップの前にあるエンジンマウントボルトを抜きます。

TRA_TN2122_SET_21.jpg
※写真の赤い□のボルトです


回すと・・・うっ、固い。
取付トルクは45Nmなのに固い。

TRA_TN2122_SET_22.jpg


このボルトはエンジン下部をマウントしていて、車体の左側から右側に貫通しています。
ボルト側から緩めても全く回らなかったので、車体右側のナットを気合いを入れて回す事でようやく緩める事ができました。

TRA_TN2122_SET_23.jpg TRA_TN2122_SET_24.jpg


しかし、ナットを取っ払ってもボルトは力を入れないと回らないぐらい重い。
指で引っ張ってもナット側から押してもまるで動かず、ボルトを抜く事が出来ない状況に陥りました。

考えてみた結果、ボルトが重いのはエンジンの重さがボルトに掛かっているのではないか?
でもジャッキはちゃんとエンジンを支えているので、そこまで荷重が掛かるわけではないはず。

色々と考えている間にトラック用のジャッキを使っている事に不安を持ってしまったのもあり、
更に暗くなってきたので当日の作業は中断して近所の工具屋(ストレートさん)で買い物。
安かった油圧ジャッキと、なんとなく欲しかった工具を購入。


▼翌日

さて、次の日は朝から作業開始。
まずは購入したジャッキでエンジンを固定。

TRA_TN2122_SET_25.jpg


ボルトを抜く秘策としてあるアイテムを引っ張り出してきました。

それは、キャンプ用の鍛造ペグ(長さ28cm)とペグハンマー!
ペグの太さとエンジンマウントボルトの太さがほぼ一緒だったので、これでボルトを打ち出す事にしました。


右側のボルトの先端にペグをあてて、ハンマーでひたすら叩き出します。

TRA_TN2122_SET_26.jpg


休日の早朝に住宅街で響きまくる金属音…徐々にバイクにめり込んで行くペグ。
なんかバイクがぶっ壊れてしまいそうな感じですが、ペグを打ち込その分だけボルトが飛び出してくれました。

TRA_TN2122_SET_27.jpg


ペグを根元まで打ち込んで、車体左側からボルトを掴んで、レンチを使って捩じりながら引っ張ると…抜けた!

TRA_TN2122_SET_28.jpg TRA_TN2122_SET_29.jpg


この流れで一気にエンジンガードを取り付けます。

右上側(後方)のエンジンマウントボルトにモリブデングリスを塗り、スペーサー、ワッシャーを入れて1cm程隙間を残して締めます。

TRA_TN2122_SET_30.jpg


エンジンガードのフックに引っかけて、上左側(前方)のボルトもグリスを塗ってから軽く締めます。

TRA_TN2122_SET_31.jpg TRA_TN2122_SET_34.jpg


車体とエンジンガードの間に銀のワッシャーを入れてから、エンジンマウントボルトを差し込みます。
当然押してもボルトは入っていかないので、もう一本のペグを使って打ち込みます。
※ボルトヘッドを直接ハンマーで叩くと潰しちゃいそうだったのでペグを使いました

TRA_TN2122_SET_32.jpg TRA_TN2122_SET_33.jpg


…やがて反対側のペグが抜け落ち、根元までボルトを打ち込んでからナットをはめて軽く締め込み。

TRA_TN2122_SET_35.jpg

以降は車体右側のエンジンガードと同じ流れで、3つのボルトすべてを45Nmで締めつけて、車体左側の取り付け終了。

TRA_TN2122_SET_37.jpg



▼仕上げ

エンジンガード左右のボルト穴にキャップを嵌めます。

TRA_TN2122_SET_36.jpg


最後にGIVIプレートを…

TRA_TN2122_SET_38.jpg

エンジンガードの真ん中のバーに嵌め込んで完了。

TRA_TN2122_SET_39.jpg TRA_TN2122_SET_40.jpg


▼総評

うーん、ゴツくなりました^^
重くもなりましたが、守られている範囲も広がり、安心感も増し増しです。
塗装の質感も良いので、目立つ様で目立たない感じもあったりします。

値段もエンジンとフレームスライダーを別々に買うよりもお得ですが、もうチョイ取り付けが簡単だったら更にお勧めです^^;

しかし、本当に車体左側下部のエンジンマウントボルトを抜くのが一番苦労しました。
正しい抜き方があるのか、または自分のTRACERだけが固かったのかは不明。
知っている人がいたらマジで教えてほしいです…。

TRA_TN2122_SET_42.jpg

さて、次回はエンジンガードと一緒に買った「GIVI スクリーン」を取り付けていきます。
(フォグランプはもうチョイ先になります・・・)

スポンサーサイト
MT-09 TRACER:サイドカバー割れとバイクショップと法定点検 | Home | MT-09 TRACER カスタム:その11 GIVI エンジンガード TN2122 前編

コメント

質問させて下さい

初めまして。
現在トレーサーの購入を検討中です。
数あるガード類の中でも費用対効果が一番よさそうな本製品に興味があります。

ガードはライディングの邪魔になったりしませんか?膝があたるとかありますか?当方172cmの標準的な日本人体型です。

お忙しいとは思いますがご回答よろしくお願いします。

2017/04/10 (Mon) 07:47 | キモノステレオ #- | URL | 編集
Re: 質問させて下さい

>キモノステレオさん
はじめまして、こんにちは。

個人的な感想になりますが、TN2122がライディングに影響があると感じた事はありません。

ただ他社のエンジンガードと比べると大きく、重量もありますので
攻める走り方をされる場合は、何かしら感じられる人もいるかもしれません。
(私自身はまったり走る乗り方なので…)


膝がガードに当たるかですが、身長166cmの私では全く問題ありませんでした。
ブログの写真を見ていただくと分かると思いますが、エンジンフレームに沿って型が取られていますので、まず当たらないかと…

 http://blog-imgs-90.fc2.com/m/t/z/mtzntracer/TRA_TN2122_SET_37.jpg


他のサイトの写真になりますが、足がべったり付く外人さんが、またがった場合の
膝の位置はこのあたりになります。

 http://www.trademotorcycles.com.au/assets-mt/uploads/2015/05/yamaha-mt-09-tracer-1500.jpg
 http://www.trademotorcycles.com.au/assets-mt/uploads/2015/05/yamaha-mt-09-tracer-2-500.jpg

参考になれば幸いです。

2017/04/11 (Tue) 19:35 | のりひれ #kLCZl7R6 | URL | 編集
ありがとうございます

参考になりました。ライディングには影響しそうにないですね。
このガードはラジエーターまでカバーしているのが好感持てます。また張り出し具合がちょうどいいです。
ガード自体も目的ですが、フォグランプの取付やカメラの取付にも重宝しそうに思いました。

ガードの取付はショップに依頼してみようと思います。工賃があまりに高いようならDIYも検討してみます。

トレーサーの購入はもう少し先になると思いますが、乗り始めたらまたよろしくお願いいたします。

2017/04/13 (Thu) 07:21 | キモノステレオ #- | URL | 編集
Re: ありがとうございます

>キモノステレオさん

参考になったようで、良かったです^^

重いですが大きい分、守られる範囲も明確になっていてお勧めできるかと思います。
欠点として、オイルフィラーキャップが開け辛くなるのと、エンジン腰下のメンテ時に
ガードを外す必要があるかも、と言ったところでしょうか…

取り付けはショップに依頼が一番ですね^^;
DIYにされる場合は、エンジンマウントのボルト抜きだけ攻略できれば問題ないかと思います。

更新がない状況ですが、今後とも宜しくお願いします^^

2017/04/14 (Fri) 12:58 | のりひれ #kLCZl7R6 | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。