スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MT-09 TRACER カスタム:その11 GIVI エンジンガード TN2122 前編

TRACERカスタム:その11 は 「GIVI製 エンジンガード TN2122」 になります。
※正式名称は「GIVI スペシフィックエンジンガード TN2122」

TRACER購入直後に『BabyFace製 MT-09 エンジンスライダー』と『SW-Motech製 MT-09フレームスライダー』を取り付けていましたが、今回の『GIVI TN2122』はTRACER専用品で、これ一つでエンジンとフレームをガードする逸品。

「BabyFace+SW-Motech」の組合せは目立たなくて気に入っておりましたが、GIVIのゴツさに魅せられて購入を決意。
※お値段も輸入だと現時点で2万少々、国内販売はデイトナさんが定価3万円ぐらいで今後販売するみたいです

2月中旬に「SPIRAL SPINNER」さんで注文し、約1ヶ月後に受け取りました。

TRA_TN2122_00.jpg

商品は梱包材でグルグルと固定されており、なにやら妖しい雰囲気・・・

TRA_TN2122_01.jpg TRA_TN2122_02.jpg

入っているものは、英文マニュアル、エンジンガード本体、ボルト、GIVIプレートです。
部品の不足や不具合が無い事を確認できたので取付開始~


▼「BabyFaceのエンジンスライダー」を取り外して純正状態に戻す

・車体右側
TRA_TN2122_07.jpg TRA_TN2122_08.jpg

・車体左側
TRA_TN2122_05.jpg TRA_TN2122_06.jpg

このエンジンスライダーはバイク屋に取り付けてもらったので、長さが異なる純正ボルトを戻すのに少し悩みました^^;
※エンジンカバーのボルトは一律12Nmで締めます


▼「SW-Motech製 MT-09フレームスライダー」を取り外しながら「TN2122」を取り付ける

ここからTN2122の取付本番です。
説明書を見るとエンジン回りのボルトを同時に複数外すので、念のためにエンジンをジャッキアップしておきます。
(ジャッキを持っていなかったので、実家からトラック用の油圧ジャッキを借りるも台座が小さすぎて不安…)

TRA_TN2122_SET_02.jpg


検品ついでにボルト類を左右で分けてみました…が、取付中に振り分けが違っていた事に気付く^^;

TRA_TN2122_SET_01.jpg
※写真の赤い□で囲ったワッシャーが入れ違っています


右側のSW-Motechのエンジンスライダーを取り外します。

TRA_TN2122_SET_03.jpg


続いて右側ステップのボルトを抜きます。

TRA_TN2122_SET_04.jpg
※このボルトにはネジロック剤が塗布されているのでかなり硬いです


右側の主要ボルトを外したら、左側(後方)のエンジンマウントからボルトを入れます。
マウントにはスペーサー、ボルト側に黒のワッシャーを入れて、1cmほど隙間が残るぐらい締め込みます。

TRA_TN2122_SET_05.jpg
※このボルトにはモリブデングリスを塗ります


ステップのボルトを抜いた場所には2つの黒のスペーサーを落ちない様に入れておきます。

TRA_TN2122_SET_06.jpg


この状態でエンジンガードのフックを、左側(後方)のエンジンマウントのワッシャーとスペーサーの間に差し込みます。

TRA_TN2122_SET_07.jpg


右側のエンジンボルトに銀のワッシャーを通してから、モリブデングリスを塗って軽く締めます。

TRA_TN2122_SET_08.jpg
※エンジンガードが動か無くなるまでは締めない
※ヘキサゴンソケットで締める場合は、長いヘキサゴンでないと縁が奥過ぎて締め込みができません。


ステップ側のスペーサーとエンジンガードを合わせて、黒のワッシャーを通したボルトにネジロック剤を塗布して軽く締めます。

TRA_TN2122_SET_09.jpg
※ネジロック剤の塗りが適当ですが、写真を撮った後にちゃんと塗っております^^;


ソケットレンチ、ヘキサゴンレンチでステップ側と、右側(前方)のエンジンマウントボルトを交互に締めつけていきます。
ある程度固く締めたら、左側(後方、フック側)のエンジンマウントボルトをレンチでかっちり締めます。

仕上げにトルクレンチでステップ側を55Nmで締めて・・・

TRA_TN2122_SET_10.jpg


右側(前方)のエンジンマウントボルトをヘキサゴンソケットで45Nmで本締して、左側(後方、フック側)のエンジンマウントボルトは、自分が持っている道具ではトルクを測る事が出来ないので手トルクで(45Nm)で締め込み。

TRA_TN2122_SET_11.jpg

これで右側の取付は終了です。

記事が長くなってしまったので、左側は「後編に続きます。

スポンサーサイト
MT-09 TRACER カスタム:その11 GIVI エンジンガード TN2122 後編 | Home | MT-09 TRACER カスタム:その10 バッテリー交換編

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/04/23 (Sat) 21:28 | # | | 編集
No title

非公開でしたので簡単にレスします。

私も抜くのが難しいと分かっていれば、工具やら準備しておいて1日で終わったんですけどねw
何はともあれ、お役に立てて幸いです^^

2016/07/08 (Fri) 23:34 | のりひれ #kLCZl7R6 | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。