スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MT-09 TRACER カスタム:その③

TRACERのカスタムパーツ その③になります。

今回紹介するのは、
エッチングファクトリー製 MT-09 TRACER用 ラジエターコアガード (SBRGY-MT09-00-SB)
になります。

大きく剥き出しなラジエターフィンへのダメージを軽減するべく購入。
TRA_RCG_03.jpg
ラジエターコアガードはMT-09無印用に数社から出ていますが、同じとは言えTRACERはカウルがあるので、形状によっては取付けできない可能性がありました。
そんな中、エッチングファクトリーさんがいち早くコアガードの正式対応を発表したので、チョイスさせて頂きました。
お値段高目の商品となりますが、質感と取付けの簡単さは無印オーナーの先輩方からも定評があるようです。


▼ラジエターコアガード:全部品
TRA_RCG_01.jpg
自分が選んだのはスーパーブラックに黒エンブレムと、取付け後に目立たない仕様にしました。
下にある小袋には固定するための金具、ボルト、スプリングワッシャー、ナットが入っています。


▼ラジエターコアガード:上部
TRA_RCG_02.jpg
うーん、薄いですね。
コアガードの上部には小さいフックが3つ付いており、このフックをラジエターに引っ掛けます。


▼ラジエターコアガード:取付け
TRA_RCG_04.jpg
取付けた日は無風だったのでフックを引っ掛けて「ぶら~ん」とさせつつ、小袋を開けて固定金具とボルトの準備。
※取付けには「2.5mmのヘキサゴンレンチ」が必要になります。

TRA_RCG_05.jpg
マニュアルにはネジロック剤の使用を推奨とありましたので用意しました。
また、写真を見て頂けると分かるかと思いますが、ボルトやナットが結構小さいです。
固定金具も別部品なのでネジロック剤を塗りながら作業するのは難しいと思い、一旦仮組みしてからする事にしました。
…仮組みと言っても、ネジロック剤を使わずに普通に取付けるだけですが^^;

TRA_RCG_06.jpg
まずはコアガード本体を固定金具とボルトで、少し動く程度に取付けます。
コアガードの左右のバランスを見ながらズレ等を調整し、動かない程度にボルトを締めて一旦固定。
その後ボルトを1本外し、スプリングワッシャーを通したままのボルトにネジロック剤を塗り、金具を挟みながらボルトをナットに入れて、ヘキサゴンレンチで締めます。
これを全部のボルト分作業し、最後に均等に本締めで終了です!

不器用な人でも仮組までできれば、ネジロック剤の処理はゆっくりと行うことができるかと思います。
仮組が難しい場合は、事前に粘着力の弱いテープでコアガード下部とラジエターを貼りつけると楽に作業できるかも。

※どんな工程で行うにしても、ラジエターの温度が常温以下に冷めてから作業する様にして下さい。

TRA_RCG_07.jpg
うーん、良い感じで収まってますね!
スーパーブラックを選べば目立たなく、シルバーならカスタム感を主張。
エンブレムも4色から選択可能なので、お好みでワンポイント入れるのも良いかと思います。


総評:
ラジエターフィンを守りたい人はおすすめのパーツです!
パターン目も細かくスタイリッシュなので、お値段の価値はあるかと思います。

スポンサーサイト

MT-09 TRACER カスタム:その②

TRACERのカスタムパーツ その②になります。

今回紹介するのは『SW-Motech製 フレームスライダーキット (STP.06.590.10000/B) 』です。
メーカーのHPではTRACER用として掲載されていますが、MT-09無印用と同じ品番でした。

今回は自分で取付けるので部品から説明します。


▼フレームスライダー部品:全部

写真には写っていませんが、マニュアル(独/英)が付属しています。
また、左側のマウントブラケットは左右で形状が違います。
どちら側に取付けるかはブラケットの裏側に打刻があるので、確認すれば間違えることは無いかと。
あとは、アルミのアダプタープレート(右下)、スライダーパッド(右中)、ロゴプレート、小袋(右上)にはボルト、ワッシャー、スペーサー、ネジが入っています。


▼フレームスライダー部品:右側の組み付け例
TRA_SWESL_02.jpg
アダプタープレート、スライダーパッドは左右兼用ですが向きが決まってます。
ブラケットにプレートとパッドを合わせてボルトで締めて、その上からロゴプレートをネジで嵌めるだけです。


▼フレームスライダー取付:エンジンマウントボルトを外す
TRA_SWESL_03.jpg
まずは左リア側のボルトを外します。
エンジンは左右4本のM10ボルトで固定されています。
ボルトを全部外すとエンジン脱落の恐れがありますので、マニュアル通り1つずつ外して取付けします。
(ボルトを外すには8mmのヘキサゴンケットが必要になります)


▼フレームスライダー取付:1つずつ仮止めをする
TRA_SWESL_04.jpg
写真には有りませんが、左リア側を外した後、ブラケットの柄の付いた方を付属のボルトを使って仮止めします。
(ブラケットが動かせる程度に締めます)
続いてフロント側のボルトを外し、フレームとの間にスペーサーを挟んだブラケットの先端をワッシャーを入れたボルトで仮止めします。(念のため、ボルトにはモリブデングリスを塗っておきました)
柄のついた方は淵とボルトまでの距離が深めなので、短めのヘキサゴンソケットだと入らない場合があります。
特に左側のブラケットは右側よりも若干深めなので気をつけて下さい。
ブラケットの取付けができたら、ボルトをある程度固めに締めておきます。


▼フレームスライダー取付:右側も同様に
TRA_SWESL_06.jpg
左側と同じ工程でブラケットを取付けます。
※一部のボルトとスペーサーは左右で部品が違うので注意してください。


▼フレームスライダー取付:トルクレンチで本締めする
TRA_SWESL_05.jpg
左右のボルトを本締めします。
マニュアルには46N・mでボルトを締めるように記載されていますので、トルクレンチでしっかり締めます。
(ちなみに純正ボルトは45N・mで締められているみたいです)


▼フレームスライダー取付:パッドの取付
TRA_SWESL_10.jpg
後は、組み付け例で説明した様に、ブラケットにアダプタープレート、スライダーパッド、ロゴプレートを取付けます。
向きに注意してボルトで締め付けて下さい。


▼フレームスライダー取付:取付け後
TRA_SWESL_07.jpg

TRA_SWESL_08.jpg

TRA_SWESL_09.jpg

TRA_SWESL_11.jpg

TRA_SWESL_12.jpg

総評:
なんだか取付けマニュアルの様な紹介になってしまいました。
部品としては結構重いので強度はある感じです。

元々がMT-09無印用なので、張り出しのあるTRACERでは守りきれない部品が結構あるかと。
あと、ボルトとかスペーサーとが安っぽいのがチョイと気になりました。
TRACER専用のカッコいいスライダーが出るまではこいつを使っていこうかと思います^^

※取付け手順通りに作業して、バイクが壊れたりトラブルが発生しても保証しませんのであしからず…

MT-09 TRACER カスタム:その①

注文から約1ヶ月半程で納車となりましたMT-09 TRACERさんですが、とりあえず現時点で取付けたパーツを
紹介して行こうかと思います。

今回紹介するのは『Baby Face製 エンジンスライダー (006-SY017Ea)』です。
ヤマハ純正ではなくBabyFaceにした理由は以前のブログに記載しました。
取付けはバイク屋にお任せしたので、部品状態の写真はありません。

スライダー左側:全体


スライダー左側:正面
TRA_Baby_L_02.jpg

スライダー左側:前面
TRA_Baby_L_03.jpg

スライダー左側:上面
TRA_Baby_L_04.jpg


続いて右側を…

スライダー右側:全体
TRA_Baby_R_01.jpg

スライダー右側:正面
TRA_Baby_R_02.jpg

スライダー右側:前面
TRA_Baby_R_03.jpg

スライダー右側:上面
TRA_Baby_R_04.jpg


総評:
純正とは大きく形が異なる、いわゆるキノコ型。
左右の突き出し量は、純正のスライダーよりちょい短いぐらいですかね?
アルミのプレートも仕上げも綺麗で、何となく高級感が感じられます。

取付けたものを見て思ったのが、「目立たない」ってところでしょうか。
純正はデザインもカッコ良くて「スライダーつけてます~」ってのを主張しておりますが、BabyFaceのは
「あ、スライダー付けてるんだ」と感じるぐらいです。
(※個人の感想であり、他人からどう見えるかを確約するものではありません)

保護性能で言えば、純正の方ががっちりと守られている感がありますが、立ちゴケ程度ならBabyFace製でも
ガードはできそうなのでOKかなと^^

TRACER納車!

3月20日の夜にTRACERを納車しました!

うーん、かっこいい!

DSC02827.jpg

ETCの移設があったので昼前にバイク屋にBT1100を届け、取付けが終わる夕方まで代車(FZ6)を借りて、
当日オープンした南千束の2りんかんでセール品を買ったりとのんびり過ごしましたw

日が完全に落ちた頃にバイク屋近くのコンビニで一服していたときに、受渡し準備完了の電話があり、
すぐさま取りに伺いました。
ローダウンリンクはヤマハがまだ製造していないとかで、今回は無しで納車。
足つきが不安だったので、とりあえずサスのセッティングで低くして貰いました^^;

納車時のレクチャーなど受けて、気が付いたら19時を過ぎていたので、その日は素直に帰宅し、
次の日は昼前からパーツの取り付けなどを行いました。

DSC02829.jpg

明日以降から、取付けたオプションパーツの紹介をしていきたいと思います。

MT-09 TRACERの入荷日確定

TRACERですが、昨日バイク屋さんから電話がありまして3月13日の金曜日にお店に入荷するとのことでした。

ちなみに購入したのは「ディープレッドメタリックK(レッド)」です。
20150210_MT-09_TRACER_ABS_MT-09TRA_DRMK_4.jpg


2月7日に契約して3月13日に入荷なので、1ヶ月少々でデリバリ-。

レッドは人気色らしいので、YSPではないバイク屋であればこれでも早い方なのかも知れません。
(ちなみに購入したお店はマットブラックのみ発売日からずっと納車可能状態です)

実際の納車日としては、入荷後に整備とナンバー登録、オプション取付にガラスコーティング施工と乾燥が入るので、3月21日前後になる見込みです。

納車まで2週間少々あるので、のんびりとお迎えの準備を進めていきたいと思います^^

MT-09 TRACERに取り付けるアクセサリーについて


まだ納車日は未定ですが、TRACERに付ける予定のオプション類をまとめてみました。
覚書としても使えるように部品の型版も書いておきます。

▼バイク屋に依頼

ETC載せ替え(BT1100から移設) 工賃:19,440円
去年の夏に取り付けたばっかりですし、また用品店で買って取り付けるよりは1万安いので載せ替えすることにしました。

Baby Face製エンジンスライダー 006-SY017Ea 部品代:21,600円 工賃: 1,080円
YAMAHA純正のサイドスライダーの方がかっこ良くてガードできる範囲も広い感じですが、お値段も高くて大きい傷が付いた場合はマウントごと交換になるのがネックだなと。
BabyFaceなら本体も若干安く、交換するときも樹脂部分のみで済みそうです。

YAMAHA純正 ローダウンキット リンク Q5K-YSK-085-F01 部品代: 9,180円 工賃: 5,400円
私の身長(166cm)だとTRACERのシート高を低くしても両足がツンツン立ちでした。
リアサス調整やらローシートにする手もありましたが、自分でやるには手間が掛るローダウンリンクで様子を見てみようかなと。
ローシート買うよりはローリンクの方が工賃入れても安上がりですし…^^;
15mm下がるのでサイドスタンドやセンタースタンドへの影響は納車後にレポートしたいと思います。

ガラスコーティング CR-1フルコース 工賃:53,460円(税込)
なんとなくやってみたくなりましたCR-1。
「ガラス系」ではなく「ガラス」のコーティングです。
ホイール汚れが簡単に落ちるし、エンジンやマフラーにも錆が出難くなるので後々のメンテが楽になるなら良いかなと。
見た目に変化はないカスタムですが、今回のオプションの中で一番高いですw
…よくよく考えてみると純正のリアキャリアとトップケース買える値段^^;


▼自分で取り付け(オーダー済み)

SW-Motech製 スライダー3種 (ユーロネットダイレクトさん経由で購入)
 SW-Motech Frame Slider Kit     STP.06.590.10000/B 部品代:12,500円
 SW-Motech Front Axle Slider Kit  STP.06.176.10400/B 部品代: 4,200円
 SW-Motech Rear Axle Slider Kit   STP.06.176.10200/B 部品代: 5,800円
 上記3つの送料:8,500円(オーストリアから)、関税:1,200円
ユーロネットダイレクトさん経由でSW-Motechのスライダーをチョイスです。
エンジンスライダーは腰下の衝撃や傷を防いでくれますが、エンジンマウントやらタンクは守れないので別にフレームスライダーを付けておきたくなりました。
ついでに高い送料払うならと、フロントとリアのアクスルスライダーも合わせて購入。
これだけあれば立ちゴケ等の外装慣らしには効果があるかと。
走行中の転倒だとバイクが道路を華麗に滑って行くので、異論や問題の出る部品ですが保険として装着です。

エッチングファクトリー製 MT-09 TRACER用 ラジエターコアガード SBRGY-MT09-00-SB 部品代:17,010円
むき出しのラジエーターを見て不安感が出てしまい、悩んだ結果ガードは買っちゃおうと言う感じに。
エッチングファクトリー製のパターン目が素敵だったので、高いけどポチっちゃいました。
乗車時は自分から見えない部品なので、そこまで拘らなくても良いかもしれませんが^^;
※メーカーの商品名はTRACER用と書いてありますが、型版はMT-09用と同じでした


ここまでに上げたアクセサリーはMT-09のオーナー様も取り付けているものばかりです。
そんなわけで、自分は取付前のアクセサリーをアップして行こうかと思います。
現時点ではSW-Motechのスライダーとラジエターコアガードだけにはなってしまいますが…^^;

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。